日本の会計・人事を変える経営基盤ソリューション SuperStream

資料請求はこちらから
■概要
◆◆ 人事/給与実務トレーニング ◆◆

継続審議中の労働基準法改正に加え、労働時間の上限設定、勤務間インターバルなどの新たな法制化、さらに行政におけるさまざまな規制強化など、長時間労働抑制、働き方の多様化を通じた働き方改革に向けた動きが活発化しています。企業にとっては、これらの変化に対応し、思い切った労働改革を行うことも、生き残りのための重要な課題となっています。本セミナーでは、これらの動きの最新実態・情報を交え、政府の主導する一億総活躍プランと働き方改革を見据え、大きな発想の転換と行動が求められる今、企業がこれからとるべき対応について解説します。取扱いの変更点と、今後予定される住民税の変更点についても解説していきます。

【受講対象者】
1.人事担当者の方
2.管理部門担当管理者・役員の方

【講師】-----------------------------------------------------------

 ■アクタスマネジメントサービス株式会社
  アクタス社会保険労務士法人 
  代表社員 社会保険労務士人事労務部門 社会保険労務士
   古田 明弘 氏 

-----------------------------------------------------------------
■開催情報
コース名: ◆◆労働法改正、行政の規制強化の最新動向と働き方改革[7月開催]◆◆  受付中
日時: 2017年7月19日(水)15:30-17:00
開催日数: 0.5日
会場: アクタスマネジメントサービス株式会社 本部 セミナールーム   ※会場が異なりますのでご注意ください。
東京都港区赤坂3-2-6 赤坂中央ビル7F (三菱東京UFJ銀行の看板のあるビルになります。)

【交通】
■赤坂見附駅(銀座線・丸の内線)より徒歩1分
■赤坂駅(千代田線)より徒歩6分
■永田町駅(半蔵門線・南北線・有楽町線)より徒歩7分
会場地図
詳細: 【前提知識】
特になし

【お持ちいただく物】
特になし

【コース内容】
1. 取締強化される労働行政の最新情報
 1-1.統計から見る昨今の調査実態
 1-2長時間労働削減対策の取組状況
 1-3.働き方改革実行計画
  2. 法改正による長時間労働抑止策の最新動向
 2-1.改正労基法案における規制強化
  2-1-1.’5日の有給休暇消化義務化
  2-1-2.中小企業の割増賃金率引上げ
  2-1-3.O働時間の客観的把握
 2-2.36協定の上限規制(法制化) 
 2-3.勤務間インターバル制の普及促進
 3. 規制強化を見据えた労基署調査への対応策
 3-1.リスクの高い労務管理(労働時間編)
 3-2.調査対応策〇超箸鮃臻_修垢襪燭瓩亮蠡海
 3-3.調査対応策∀働時間管理のツボ
4. 働き方改革の推進
 4-1.ニッポン一億総活躍プラン
 4-2.ワークライフバランス
 4-3.働き方改革の推進
受講形式: 座学形式
定員: 40名
参加費: \16,200-(税込)

■お問合せ先
  • 商品企画部(トレーニング担当)
  • trainning@superstream.co.jp
  • TEL: 03-6701-3647
  • 【受付時間】月〜金(祝祭日を除く) 10:00〜17:00
    お問い合せはこちら