日本の会計・人事を変える経営基盤ソリューション SuperStream

資料請求はこちらから
■概要
◆◇◆ 実務トレーニング ◆◇◆
2015年、2016年と立て続けに行われた電子帳簿保存法の改正によって、3万円以上の契約書・領収書などほとんどの書類をスキャナやスマートフォンで電子データ化して保存することが可能となりました。保存する文書の電子データ化を進めれば、企業は保管コストを大幅に削減できるとともに、データの活用によって経理業務を飛躍的に効率化する可能性があります。本セミナーでは、文書の電子データ化を進める際の要件を解説するとともに、電子化プロジェクトを進める場合の留意点を説明します。

【受講対象者】
・経理・財務担当者
・税制改正のポイントを把握したい方

【講師】------------------------------------------------- 
 ■コントロールソリューションズ株式会社
   代表取締役社長 公認会計士/公認システム監査人
   佐々野 未知 氏 
-------------------------------------------------------
■開催情報
コース名: ◆◇◆改正電子帳簿保存法の概要・実務対応とスキャナ保存を活用した経理業務の効率化[7月開催]◆◇◆  受付終了
日時: 2018年7月19日(木)14:00-17:00
開催日数: 0.5日
会場: TKP品川カンファレンスセンター ミーティングルーム6I
港区高輪3丁目26番33号 京急第10ビル
TEL: 03-4577-9260
【交通】
■JR品川駅 高輪口 徒歩1分
■東海道新幹線 品川駅高輪口より 徒歩1分
■京急本線 品川駅 徒歩2分
会場地図
詳細: 【前提知識】
特になし

【お持ちいただく物】
筆記用具

【コース内容】
1.電子帳簿保存法改正の概要と規制
(1)電子データの保存に関する法律〜e文書法と電子帳簿保存法
(2)2015年及び2016年電子帳簿保存法の改正概要
2.電子データ保存の要件詳細、税務署長への申請手続
(1)電子データの保存要件(電子文書、電子化文書、COM)
(2)税務署等への申請の手続
3.ペーパーレス化プロジェクトの進め方と実務上の留意点
(1)ペーパーレス化のメリットとデメリット
(2)導入プロジェクトの期間・スケジュール、実務上の留意点、事例紹介
受講形式: 座学形式
定員: 20名
参加費: \16,200-(税込)
受付を終了させて頂きました。
■お問合せ先
  • 商品企画部(トレーニング担当)
  • TEL: 03-6701-3647
  • 【受付時間】月〜金(祝祭日を除く) 10:00〜17:00
    お問い合せはこちら