日本の会計・人事を変える経営基盤ソリューション SuperStream

資料請求はこちらから
■概要
◆◇◆ 実務トレーニング ◆◇◆
今話題の「働き方改革」への対応が経理部門にも求められています。しかし、現実には、正確化と早期化のプレッシャーの下労働時間を削減することは容易ではありません。また、現場の担当者からは「仕事量が減らないのにどうやって早く帰るのか」という悲鳴も聞こえてきます。そこで、経理業務を効率化するためには、どのような視点で何を見直せばいいのかを解説します。効率化に加えて、負担の少ない方法で経営者への付加価値を提供するためのポイントも扱います。事業会社の経理部門で残業削減に長年取り組んできた「実務家会計士」が、具体的な事例と実践的なヒントを交えてお話しします。

【受講対象者】
・経理や予算管理などの実務担当者
・会計部門の責任者

【講師】------------------------------------------------- 
 ■管理会計ラボ株式会社
代表取締役 公認会計士
   梅澤 真由美 氏 
-------------------------------------------------------
■開催情報
コース名: ◆◇◆経理部門の「働き方改革」の進め方 ー業務の効率化と高付加価値化を達成するためのヒント―[8月開催]◆◇◆  受付中
日時: 2018年8月24日(金)13:30-16:30
開催日数: 0.5日
会場: TKP品川カンファレンスセンター ミーティングルーム6I
港区高輪3丁目26番33号 京急第10ビル
TEL: 03-4577-9260
【交通】
■JR品川駅 高輪口 徒歩1分
■東海道新幹線 品川駅高輪口より 徒歩1分
■京急本線 品川駅 徒歩2分
会場地図
詳細: 【前提知識】
特になし

【お持ちいただく物】
筆記用具、電卓

【コース内容】
1.働き方改革と経理業務
 ・背景と他社の動き
 ・経理業務の特性
2.「効率化」のためのヒントと取り組み事例
 ・仕組みづくり
 ・エクセルの活用
 ・チェックとコントロールの有効活用
 ・流行りのRPAの導入と活用
3.「高付加価値化」のためのヒントと取り組み事例
 ・月次決算の差異分析と活用
 ・報告資料の作り方
 ・経営者・他部門とのコミュニケーション
4.まとめ 
 ・効率化と高付加価値化の対象の見つけ方
 ・効率化と高付加価値化の視点
受講形式: 座学形式
定員: 20名
参加費: \16,200-(税込)

■お問合せ先
  • 商品企画部(トレーニング担当)
  • TEL: 03-6701-3647
  • 【受付時間】月〜金(祝祭日を除く) 10:00〜17:00
    お問い合せはこちら