日本の会計・人事を変える経営基盤ソリューション SuperStream

資料請求はこちらから
■概要
◆◆ 人事/給与実務トレーニング ◆◆

 社会保険の定時決定(算定基礎)には、通常の方法で算出した標準報酬額と年間平均で算出した標準報酬月額に2等級以上の差があり、この差が業務の性質上例年発生することが見込まれる場合には、保険者算定として年間平均で算出した標準報酬月額を採用する方法が適用できます。これまで年間平均は算定基礎のみでの取り扱いでしたが、2018年10月からは随時改定(月額変更)でも類似の仕組みが導入され、繁閑が激しい業務では年間平均を用いて標準報酬月額を抑えることも可能となります。
 本トレーニングでは、この年間平均による月額変更の実務につき、当局のQ&Aを逐次解説しながら、その要件や手続きについて解説します。

【受講対象者】
1.社会保険業務初心者〜中級者
2.社員との質疑や、イレギュラーな処理方法のケーススタディを希望される方

【講師】-----------------------------------------------------------

 ■アクタスマネジメントサービス株式会社
  アクタス社会保険労務士法人 
  スーパーバイザー 社会保険労務士
   熊田 洋平 氏 

-----------------------------------------------------------------
■開催情報
コース名: ◆◆年平均による社会保険月額変更の実務[8月開催]◆◆  受付中
日時: 2018年8月23日(木)15:30-17:00
開催日数: 0.5日
会場: アクタスマネジメントサービス株式会社 本部 セミナールーム   ※会場が異なりますのでご注意ください。
東京都港区赤坂3-2-6 赤坂中央ビル7F (三菱東京UFJ銀行の看板のあるビルになります。)

【交通】
■赤坂見附駅(銀座線・丸の内線)より徒歩1分
■赤坂駅(千代田線)より徒歩6分
■永田町駅(半蔵門線・南北線・有楽町線)より徒歩7分
会場地図
詳細: 【前提知識】
特になし

【お持ちいただく物】
特になし

【コース内容】
1.通常の方法による随時改定(月額変更)の判定要素のおさらい
 -「固定的賃金の変動」とは
 -「支払基礎日数」とは
 -「2等級以上の差」とは
2.年間平均による随時改定(月額変更)の要件
 -「業務の性質上例年発生することが見込まれる」とは
 -「昇給月前の継続した9か月及び昇給月以後の継続した3か月の間に受けた非固定的賃金の月平均額」とは
3.必要手続きと各様式の記入方法
 -年間平均で算定することの申立書
 -被保険者の同意書
4.その他実務上の留意事項
受講形式: 座学形式
定員: 40名
参加費: \16,200-(税込)
受付を終了させて頂きました。
■お問合せ先
  • 商品企画部(トレーニング担当)
  • trainning@superstream.co.jp
  • TEL: 03-6701-3647
  • 【受付時間】月〜金(祝祭日を除く) 10:00〜17:00
    お問い合せはこちら